2008年07月05日

肩こり

以前より肩こりがひどく、特に物事に集中しすぎると強くなるようで、最近はそうなる前に息抜きを入れるなど、できるだけ凝り固まらないように注意はしています。
また首から肩にかけての筋肉が緊張して疲労物質が蓄積しないよう、暇があれば主に上半身の体操をすることを心がけています。
クリニックにも比較的若い方でも肩こりの症状で来院されることが少なくなく、解消の方法として体操や可能であれば水泳などの運動を日常生活に取り入れることをお勧めしています。
運動により筋肉を鍛えることは、基礎代謝の増加にもつながり生活習慣病の予防の面でも望ましいでしょうね。
posted by 院長 at 08:56| 大阪 ☁| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする