2008年08月26日

過敏性腸症候群

現代病のひとつとして、比較的若年者にも多い疾患に過敏性腸症候群があります。
便秘、あるいは下痢といった便通異常が主症状で、ストレスが原因での自律神経失調によるものと考えられています。

症状の程度が軽いと診療を受けないことも多いと思われますが、日常生活に支障をきたすほどであれば、消化器科などの専門医を受診して治療を受けることをお勧めします。

最小限の服薬とストレス解消法などの工夫により、正常な便通を取り戻すことが可能です。

自分は便秘性、あるいは下痢性なんだとけっしてあきらめることはありませんよ。
posted by 院長 at 12:51| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック