2008年09月02日

経鼻内視鏡

最近では食道や胃の内視鏡検査で、鼻から挿入する経鼻内視鏡が普及してきています。
当然、内視鏡が極細径と言って太さが5mm程度の鉛筆くらいの内視鏡が開発された結果なのですが、その利点はなんと言っても嘔吐反射が起きないことです。
従来の経口内視鏡では舌根(舌の付け根)が圧迫される結果、嘔吐反射が誘発され、相当な苦痛を感じることが少なくなく、麻酔で眠っているうちに実施する所もあると聞きます。
鼻腔の表面麻酔は十分に行う必要がありますが、検査中は苦痛は全くと言っていいほどなく、ディスプレー上の画像(自身の胃の中など)を見ていただきながら検査を進めることができ、当院でも多くの患者さんに喜んでいただいています。
胃の検査をご希望の方は是非経鼻内視鏡を受けられることをお勧めします(ホント、楽ですよわーい(嬉しい顔))。
posted by 院長 at 07:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック