2009年10月24日

新型インフルエンザは怖い?

若い年齢層を中心に新型インフルエンザの流行が本格化してきています。

鼻水、のどの痛み、咳に加え、39℃近い高熱、だるさ、頭痛、関節痛などがそろった典型的なインフルエンザの症状の方から、熱が37℃台にとどまり、かぜ症状も軽い方まで、様々なケースが見られるようです。

過去に流行が確認されていないタイプのため、新型と呼ばれますが、従来の季節性インフルエンザよりは現在のところ重症度は低いようです。

また検査で確認されたA型インフルエンザに対し、タミフル、リレンザなどの抗インフルエンザ薬の投与を見合わせて、対症療法のみで治療した場合でも、案外短期間で治癒するケースが少なくないことを勤務先の病院で経験しています。

いずれにしても、感染に対しての注意は必要ですが、新型=怖い、という過剰な不安や心配は持たないようにしませんか?
posted by 院長 at 18:35| 大阪 ☁| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。