2010年01月20日

冬季うつ病

日照時間が短くなる冬の季節は暗く寒い自然環境の中、気持ちが沈みがちで、冬季うつ病と呼ばれる心の病が増加すると言われています。

その原因のひとつに、太陽光を受けなくなるとセレトニンなどの脳内アミンの合成が低下することがあげられています。

今日から3月並みの暖かい日が少し続くようです。
天気がよければ外に出て、日の光を浴びながら体を動かしてみませんか?晴れ
posted by 院長 at 05:10| 大阪 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする