2010年02月01日

感染性胃腸炎

今日から2月ですね。

春に向かっていきますが、気候も不順で寒暖の差も多い時期なので、体調の管理にはご注意ください。

最近、嘔吐・下痢などの腹部症状を主とする胃腸炎の方を多く見かけます。

ウイルス性の胃腸炎と考えられますが、発熱を伴うこともあり、かなりつらい目にあうようです。

予防としては、かぜと同じく手洗いやうがいが有効と思われます。

また身体を冷やさないことも大切ですので、衣類の調節にも気を使いましょう。

posted by 院長 at 04:04| 大阪 🌁| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする