2008年01月26日

日記

7年前に一年間ほど日記を付けていたことがあり、今でも時々読み返すことがありますが、あの時はそんなことを考えていたのかとか、ええーっ本当に?とか新鮮な驚きというのでしょうか、そのように感じることも多いのです。
その当時は日記を付ける意味をよく考えていた訳ではありませんが、何年も経って見ると自分の変化に気づかされる、良い意味では自分の成長なり進歩を知る結果となって、それなりの価値があるように思います。
長く続けるとそれこそ一つの立派な自分史になり得るかも知れません。
ブログもそう言う意味では日記としての利用価値があり、ただ多くの人に公開されるため、書いた内容には責任を負う必要がありますが、自分の考え方なりを知ってもらうには便利な方法と思いますし、続けていくことで一つの随筆集を作ることにも似た楽しさがあるのではと密かに思っています。
posted by 院長 at 13:11| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする