2008年01月29日

海派?山派?

海と山のどちらが好きですかという質問をされることがあります。
それぞれ海派、山派とすると私は完全な山派です。
どちらが好きかはおそらくかなり感覚的、あるいは本能的なものと思われますが、私の場合は「動かざること山の如し」という言葉がある位、高ければ高いほど山のもつ偉大さ、神秘性といったものを感じ、自分もまた不動の確固たる信念を持つべしと、ある意味で山のような存在になりたいとの憧れがあるのだと思います。
反対に海派は、変化を求める人が多いのではないかと思います。穏やかな海、荒々しい海、同じ海でも季節によりまたその日の天候によっても大きく表情を変えます。
また海は生命の源であり、母のような存在としてやすらぎを感じる人も多いかも知れませんね。
posted by 院長 at 14:38| 大阪 ☔| 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする