2008年04月23日

花ひらく

道路沿いに植えられた桜の樹
蕾のまま花を咲かせることなく散ると悲しんだ日
しかし、奇跡は起こった、いやそれはけっして奇跡ではなく、生命力がもたらした人間には真似のできない見事な芸術だ
あわてず、急がず、だが期が熟すと一気にエネルギーを爆発させ、無数の大輪の花を開かせた
それは感動であり、また命の躍動である
ありがとう、さくら
posted by 院長 at 07:02| 大阪 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする