2017年07月02日

かぜは初期治療が大切

かぜは万病のもとと言われる通り,初期の治療を怠りこじらせて症状がひどくなってからでは
治るのに時間がかかるばかりではなく,肺炎などの重篤な合併症の危険もあり決してかぜを
甘くみてはいけないことは明らかです.
かぜの治療は引きはじめのうちにしっかりとが基本だと思います.
posted by 院長 at 06:42| 大阪 | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

プラセンタ注射

7月よりプラセンタ注射が一部の方を除き自由診療扱いとなります.
全額自費(自己負担)となり,メルスモン注射液2ml×1アンプル1,000円,2アンプル1200円,3アンプル1400円の費用となります.また初回(初診)の方は上記料金に1,000円の初診料がプラスされます.
健康の増進のため週に1回程度の注射が有効と思われ,まだ試されていない方は是非一度お試しください.
posted by 院長 at 04:51| 大阪 | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

インフルエンザワクチン

10月半ばとなり,過ごしやすい季節になってきました.
今年も今月初めよりインフルエンザの予防接種を開始しています.
費用は1回3000円で,65歳以上の定期接種者の場合は1500円の窓口負担となります.
インフルエンザの流行予測は難しいものですが,ワクチンによる予防効果は約半年間
有効と言われていますので,是非早めの接種をお勧めします.
posted by 院長 at 04:56| 大阪 ☁| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

にんにく注射

にんにく注射って聞かれたことありますか?
にんにく注射と言ってもニンニクの成分を注射するわけではなく,
ビタミンB₁,B₆,B₁₂の混合注射液を静脈内注射するもので,疲労回復,筋肉痛や神経痛の解消
などの効用があります.
当院では健康保険の適用で比較的安価で提供させていただいています.
例えば3割負担の方で初診の場合900円程度,再診だと600円程度の窓口負担となります.
またプラセンタ注射との併用もOKです.
活力ある毎日を過ごしたいと思われる方は是非お試し下さい.
posted by 院長 at 04:19| 大阪 ☁| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

麻疹(はしか)の予防

関西国際空港で感染が拡大している麻疹(はしか)ですが,今後の対応としては
麻疹の感染歴が明らかなヒト以外は,感染の機会が心配される場合,麻疹ウイルス抗体
検査を受け,抗体陰性であれば麻疹風疹ワクチン接種を受けるという手順が望ましいと
思われます.
当院では麻疹ウイルス抗体検査を比較的安い費用で実施させていただいております.
今後麻疹感染を心配される方は当院に是非ご相談下さい(電話:06−6136−6105まで).
posted by 院長 at 07:44| 大阪 ☁| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

麻疹(はしか)の流行

ニュースで報道されているように,関西空港を起点として麻疹(はしか)の流行が
見られているようです.
麻疹(はしか)は予防接種(ワクチン)で予防できますが,小児期に感染発症した既往が
不明のことも多いかと思われ,麻疹(はしか)の感染を心配される方は麻疹ワクチン,
麻疹風疹ワクチンの予防接種を受けることが勧められます.
麻疹(はしか)は成人でかかると麻疹脳炎など症状が重症化することもあり要注意です.
posted by 院長 at 20:25| 大阪 ☁| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

インフルエンザ予防接種

当院でもインフルエンザの予防接種を今月より開始しています。
費用は1回目が3000円、2回目が2000円となっています。
接種後2週間ほどで免疫が付き、半年間ほど効果が持続します。
ご希望の方は、できればご予約の上ご来院下さい。
posted by 院長 at 13:55| 大阪 ☀| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

受付事務職員募集

受付事務職員を一名募集しています。
当面は月曜日〜水曜日と金曜日の午前中(9時〜
12時)に勤務できる方を募集します。
ご希望の方は、お電話もしくは直接当院窓口で
ご相談下さい。
posted by 院長 at 13:21| 大阪 ☀| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

インフルエンザの流行

小学生、中学生を中心に若い世代でインフルエンザが流行してきています。

ワクチンを接種した人でも感染発病することがありますので、手洗い、うがいなど
予防に努めてください。

39℃以上の発熱、頭痛、関節痛などの症状が見られた場合は、インフルエンザの可能性が高いので、早めに医療機関を受診することをお勧めします。

特に受験生にとっては大事な時期ですので、くれぐれもご注意を!
posted by 院長 at 14:06| 大阪 ☁| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

インフルエンザワクチン

今年も例年通り、10月1日よりインフルエンザワクチンの接種を開始しています。
13歳未満の方は2〜4週をあけて2回、13歳以上の方は1回もしくは1〜4週をあけて2回の接種となっています。

費用は1回目は3000円、2回目は2000円とさせて頂いています。

ご希望の方は、直接当院まで来院されるか、電話(06−6136−6505)でお問い合わせ、ご予約下さい。
posted by 院長 at 14:18| 大阪 ☔| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

ラップ療法

“ラップ療法”は褥創(いわゆる床ずれ)の治療法で、腰などにできた創を水道水で洗った後、サランラップで覆うという簡単な処置ですが、創の治りが消毒薬や外用薬を使うよりも早いことで注目されています。

サランラップは空気(酸素)は通しますが、水や雑菌は通さないため、創の治癒に最適な環境を与えるためと考えられています。

そのため、褥創以外にも切り傷や擦過傷、熱傷(やけど)の治療にも有効で、ラップで覆うだけで傷の痛みが嘘のように治まるので不思議です。

一般家庭でも簡単にできる処置ですので、お子さんの傷などの時に試されるとよいでしょう。
但し、水道水で十分に洗浄することが大切(化膿を防ぐため)なことをお忘れなく。
posted by 院長 at 15:23| 大阪 ☀| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

インフルエンザ予防接種

当院でも10月1日よりインフルエンザ予防接種を開始しています。
今季のワクチンは、昨年流行した新型インフルエンザと季節性(A型、B型)の3種混合ワクチンで、接種にあたっては昨年のような優先順位はありません。

当院では1回目が3000円(13歳未満は2500円)、2回目が2500円の費用となっています。
希望される方はできれば予約の上(来院もしくはお電話で)、接種にお越し下さい。

これから冬に向かい、かぜやインフルエンザに罹りやすくなります。
予防接種だけではなく、基本的な手洗いやうがいなどの励行と、身体を冷やさないよう注意が必要でしょう。
posted by 院長 at 06:35| 大阪 ☀| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

コレステロールは高い方が死亡率が低い

医師向けに配信されるニュースで、日本脂質栄養学会がコレステロール値は高い方が死亡率が低いとの研究成果を発表したことが報告されています。

悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロール値が97以下の人より100〜159までの人の方が死亡率が低いという結果で、これまでのLDLコレステロールが高いと危険とする医学的常識を覆すものと言えます。

少なくとも、LDLコレステロールが基準値の140を上回っていても高血圧や糖尿病といった他の危険因子がなければ、安易に薬物治療を開始すべきではないと考えてよいと解釈されます。
posted by 院長 at 06:30| 大阪 ☁| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

プラセンタ効果

プラセンタ治療を受ける方が徐々に増えてきています。
ほとんどの方で好評を得ていますが、疲れにくい、気分が良くなったなど、
活力源としての効果があるようです。

女性の方が圧倒的に多く、年代は30代から70代まで幅広い年代層の方々が
来院されています。

私自身も忙しい日には前もって注射しておきますが、疲労をあまり感じずに
仕事が頑張れると実感しています。

まだまだ残暑が厳しく、夏バテ気味の方ふらふらにも是非お勧めしたいですねモータースポーツ
posted by 院長 at 06:29| 大阪 ☁| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

救急医療の現場

今も月に5〜6回、救急病院での当直勤務を続けていますが、忙しい日だと2時間ほどしか仮眠できないこともあります(報酬をもらっての仕事ですので文句は言えません)。

昨年の夏以来、いくつもの救急病院で当直をしてきましたが、救急搬送される患者さんの多くは高齢者で、一人暮らしの方も多いようでした。

しかし、中には夫婦喧嘩が原因で池に入水した若い女性や、出産間際だと気付かずに腰痛が強いと救急車で運ばれた十代後半の女性などもいて、驚かされることも少なからずありました。

様々な患者さんを診ることは、ある意味でとても人生勉強になり、深夜に眠い眼をこすりながらの仕事も結構楽しいものだと思っています。

posted by 院長 at 05:21| 大阪 ☁| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

プラセンタ

ご存じの方も多いかと思いますが、更年期障害や美容美白、老化予防にも良いとされる「プラセンタ治療」を当院でも提供することにしました。

自分自身でもプラセンタ注射を試してみましたが、疲れにくさを実感することができ、活力を与えられるような印象を持ちました。

簡単に言うと、元気をもらえる薬と言えるかも知れません。

今のところ、メルスモンという注射薬を準備していますが、ご希望によりカプセルなどのサプリメントタイプも入手可能です。

ご興味ある方は、当院までお問い合わせください。
posted by 院長 at 05:20| 大阪 ☀| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

感染性胃腸炎

今日から2月ですね。

春に向かっていきますが、気候も不順で寒暖の差も多い時期なので、体調の管理にはご注意ください。

最近、嘔吐・下痢などの腹部症状を主とする胃腸炎の方を多く見かけます。

ウイルス性の胃腸炎と考えられますが、発熱を伴うこともあり、かなりつらい目にあうようです。

予防としては、かぜと同じく手洗いやうがいが有効と思われます。

また身体を冷やさないことも大切ですので、衣類の調節にも気を使いましょう。

posted by 院長 at 04:04| 大阪 🌁| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

新型インフルエンザは怖い?

若い年齢層を中心に新型インフルエンザの流行が本格化してきています。

鼻水、のどの痛み、咳に加え、39℃近い高熱、だるさ、頭痛、関節痛などがそろった典型的なインフルエンザの症状の方から、熱が37℃台にとどまり、かぜ症状も軽い方まで、様々なケースが見られるようです。

過去に流行が確認されていないタイプのため、新型と呼ばれますが、従来の季節性インフルエンザよりは現在のところ重症度は低いようです。

また検査で確認されたA型インフルエンザに対し、タミフル、リレンザなどの抗インフルエンザ薬の投与を見合わせて、対症療法のみで治療した場合でも、案外短期間で治癒するケースが少なくないことを勤務先の病院で経験しています。

いずれにしても、感染に対しての注意は必要ですが、新型=怖い、という過剰な不安や心配は持たないようにしませんか?
posted by 院長 at 18:35| 大阪 ☁| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

インフルエンザ予防

新型を含め、インフルエンザが若年層を中心に本格的な流行の兆しを見せています。

学校や職場など、集団生活の場で感染が拡がることが予測されますが、過剰な対策、例えば家族にインフルエンザ発病者がいることを理由に出社を拒否するなどは行き過ぎのように思われます。

ワクチンについては今年は季節性と新型の2種類が製造されていますが、ワクチンによる予防は決して完全なものではないことを認識するべきで、あまりワクチンに頼りすぎることは良くないと考えます。

予防としては基本となる手洗い、うがいなどを励行すること、そして身体を冷やすことのないように注意し、のどの痛みや発熱、だるさなどを感じたら、ただの風邪と自己判断しないで早めに医療機関を受診することが大切でしょう。
posted by 院長 at 04:24| 大阪 ☁| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

頭痛

最近、頭痛を訴えて受診される方が増えています。
多くの場合、血管性頭痛や筋緊張性頭痛と呼ばれる片頭痛と思われますが、精神的なストレスが要因のことも多いようです。

治療としては、一般的な鎮痛薬か、それが無効の場合は主として血管収縮作用のある片頭痛治療薬が使われます。
また肩こりなども強い場合には抗不安薬(精神安定剤)が有効なこともあります。

市販の頭痛薬で改善が見られない頑固な頭痛でお困りの方は、是非ご相談下さい。
posted by 院長 at 20:29| 大阪 ☁| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする