2010年08月03日

焦りは禁物

テレビ局の取材記者とカメラマンの山中遭難事故はまことに痛ましく悲しい事件で、その原因はおそらく時間に追われての焦りから無謀な行動をとったことだと思います。

過去のJR脱線事故の時も時間の遅れを取り戻そうとする焦りが原因でした。

命と引き換えにしなければならないほど急がないといけないことなど何もないはずです。

焦りは禁物!
心に深く銘じましょう。
posted by 院長 at 04:56| 大阪 ☀| 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする